シワ治療で使われるボトックスの効果の持続は・・・?

シワ治療で使われるボトックスの効果の持続は・・・?

ボトックスというのは米国アラガン社の商品名で、眼科や神経内科で、眼瞼・顔面痙攣などの治療に筋肉の弛緩効果を利用して用いられており、しわ取りなどの効果が認められて、アンチエイジングにもボトックスが用いられるようになってから急速にその使用が拡大。

ボトックスの主要成分は、クロストリジウム・ボツリナム(Clostridium botulinum)、クロストリジウム属菌(Genus Clostridium)のA型毒素(Botulinum Toxin A)で、その薬理作用はアセチルコリン分泌阻害で、眉間や額、目尻のシワなどの表情筋の一過性麻痺を生じさせ、結果、皮膚に付着した筋肉(表情筋)の収縮がシワの発生に大きく関与している部分には非常に効果的。

要は、表情筋によるシワの治療で手術などの従来の方法では、難しいとされてきたがボトックスは非常に効果的。

ただし、ボトックス注入後、数時間の頭痛やまぶたが重たく感じたり、注入量が多すぎれば眼瞼や眉毛の下垂が起こることも。その他にもアレルギーや注入による内出血などの副作用も。

また長期間にボトックス治療を続ければ、ボトックスに抗体ができて効果がなくなる可能性も。

表情が乏しくなったり眼瞼や眉毛が下がったりしますが、これはボトックスを注射する際に、注入量が多すぎるため表情筋の動きを抑制しすぎてしまうもの。

これを防ぐには、ボトックスを注入する量を注意します。

これがボトックスによる美容整形方法です。


page top