紫外線のダメージを防ぐには、肌を温めること?

紫外線のダメージを防ぐには、肌を温めること?

夏と言えば紫外線による肌のダメージ。

しわができる原因を作るのがこの紫外線のダメージです。

つい最近の慶応大学の実験では、マウスの肌を42度に温めてから

紫外線を当てた場合は、他のマウスと比べて、ほとんど皺ができなかったという事です。

まだ人間で同じことが起きるかは今後の実験だそうですが、

肌を温めることで、ある特定のタンパク質ができて、

それが紫外線によるしわの増加を防いでくれるらしいのです。

お出かけ前に、蒸しタオルなどで肌を温めると・・・

人の肌の老化も予防することができるかもしれませんね。

おでこのしわ、法令線、目の下のたるみなど、

結局は紫外線による肌のダメージの蓄積が老化という現象になっているわけですからね。

ダメージの蓄積が少なければ、たとえば50歳代で出てくる目の下のためみなども、

もっと遅らせることができるかもしれませんね。

目の下たるみの原因や治療については、こちらのサイトがお勧めです。

page top